【恵比須大黒天】 柘植一本彫

EDBH7

18,000円(税込19,800円)

購入数



恵比須・大黒天

大黒天 ヒンドゥー教の最高神で破壊と創造を司るシヴァ神の別名です。仏教に取り入れられてからは全身が真っ黒なために大黒天と呼ばれるようになりました。インドでは戦闘の神として信仰され、中国に伝わってからは寺院の神、豊穣の神、財宝の神となり、日本にも早くに伝えられました。
七福神の一神として俵の上に乗り温和な表情をして、庶民に親しまれている大黒天は、大国主命の人柄を引き継いだものと思われます。五穀豊穣、商売繁盛の神として信仰されています。ちなみに大黒のシンボルでもある袋の中身は、七宝が入っているといわれています。
恵比寿 古くは「大漁追福」の漁業の神である。時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神となった。唯一日本由来の神様。


材質:柘植(つげ)
サイズ:高7×幅8.5×奥行5.7cm(持ち物含まない)
仕上げ:木地 
販売元:海宇商事
製作:中国
備考:
・職人・仏師の手作業にて仕上げております。一体ごとに木目や色味等が若干異なる場合がございます。
・写真は入荷商品の中から無作為に選んだ実際の商品です。
・実際の商品と掲載写真では色味が異なって見えることがございます。
・万が一在庫切れの場合は、メールにて納品予定日をお知らせいたします。
以上予めご了承下さい。



レビューはありません。